トリミング

scofield
トリミングは、「写真の一部を切り取る」機能です。

いらない部分をカットしたり、縦横比率を変えて雰囲気を変えることができます。また、傾いた写真の角度を変更して、まっすぐ整えることもできます。

パソコン画面では、スクロールなしで表示できる画像の大きさに限界(高さ900~1000px)があるので、被写体を大きく見せたい時はトリミング機能を使います。但し、縦横比率を変更すると構図も変わりますから、撮影する時はトリミング前提で構図を決める必要があります。

トリミングの設定

右パネルのツールストリップから、「切り抜きアイコン」をクリックして操作パネルを開きます。

トリミングの設定

今回調整したのは以下の項目です。

  • 縦横比4 / 5の切り抜き

写真の隅にマウスカーソルを合わせるとカーソルが変化しますので、ドラッグしたまま範囲を選択します。この際、縦横比は維持されていますので、比率を変更したい場合は、操作パネルの「縦横比」から比率を選択します。気に入った比率がなければ、「数値を入力…」から指定します。

角度の変更は、写真の外側にマウスカーソルを移動させるとカーソルが変化しますので、ドラッグしたまま角度を調整します。また、操作パネルの角度スライダー及び直接数値を入力して変更することもできます。

作業を完了する時は、画面下の「完了」及び操作パネルの「閉じる」をクリックします。

設定をリセットしたい時は、操作パネル「切り抜きと角度補正」の「初期化」をクリックします。

補正前後の比較

ホワイトバランス トリミング
補正前 補正後
  • プロファイル(カラーチャートで作成)
  • レンズ補正
  • ホワイトバランスの調整
  • プロファイル(カラーチャートで作成)
  • レンズ補正
  • ホワイトバランスの調整
  • トリミング

基本補正 階調と外観

2016.11.24