トーンカーブ

scofield
トーンカーブは、「特定の明るさの部分を細かく微調整する」機能です。

基本補正(階調と外観)のあとに補助的に使用します。今回は基本的な操作方法を紹介しますが、この項目は操作方法が少し複雑で、調整も難しいので無理に使う必要はありません。

トーンカーブのライトとダークはほかの領域にも大きく影響を及ぼします。

調整する際は、ライトとダークを先に補正してから、ハイライトとシャドウを補正します。

トーンカーブの調整

右パネルの「トーンカーブ」から調整を行います。

トーンカーブの調整

グラフ下部の3つのポイントを移動させることで、「ハイライト」「ライト」「ダーク」「シャドウ」の影響をおよぼす範囲を変更できます。また、グラフのラインをドラッグしながら上下させることで、各領域の明るさやコントラストを調整できます。

パネル下部の4つのスライダーは、各項目の補正を具体的に数値化したものです。

今回は写真を引き締めてメリハリを出すためにシャドウを下げています。

  • シャドウ-5

ここでの補正は「露出」「コントラスト」「白とび」「黒つぶれ」にも影響するので、慎重に調整する必要があります。

ハイライト もっとも明るい部分を補正する。
ライト 明るい部分全体を補正する。
ダーク 暗い部分全体を補正する。
シャドウ もっとも暗い部分を補正する。

補正前後の比較

補正前 補正後
  • プロファイル(カラーチャートで作成)
  • レンズ補正
  • ホワイトバランスの調整
  • 階調と外観の調整
  • プロファイル(カラーチャートで作成)
  • レンズ補正
  • ホワイトバランスの調整
  • 階調と外観の調整
  • トーンカーブの調整

HSL/カラー/B&Wの調整

2016.12.07