ライティングの基本と照明を当てる方向による写り方の比較

scofield
フィギュア撮影において、「ライティング(照明の当て方)」は最も重要な要素の一つです。

どんなに高いカメラを使っても、ライティングが悪ければ被写体をイメージ通り(かわいく・かっこよく)撮ることはできません。いくらレタッチしても、補正できる範囲には限界があります。

全てはライティングありき、ライティング一つで被写体のイメージはがらっと変わります。

自分のイメージした写真が撮れない時は、照明を複数使うこともあります。但し、照明を増やすとそれだけライティングも複雑で難しくなります。単純に明るくしたいだけなら、照明1つにディフューザーとレフ版で十分です。

光の方向と効果

順光 正面から当たる光。色や形状をはっきりと描写できる光です。
トップ光 真上から当たる光。被写体の立体感や奥行き、自然な影を演出できる光です。
斜光 斜め前方から当たる光。立体感を表現しやすい光です。
サイド光 横方向から当たる光。立体感を強調するのに効果的な光です。影が強く出るのでメリハリのある描写になります。
半逆光 斜め後ろから当たる光。質感や立体感を出すのに効果的な光です。エッジにハイライトが入るので透明感が出ます。
逆光 背後から当たる光。被写体の輪郭を強調するのに効果的な光です。

実際に違いを比較してみます。

順光

被写体の正面から光を当てています。左の写真はレフ版なし、右の写真は斜め後ろ両サイドにレフ版を置いています。

順光

色や形状の描写に向いているライティングです。但し、立体感が損なわれた(単調でのっぺりしている)写真になりやすいので注意が必要です。

トップ光

被写体の真上から光を当てています。左の写真はレフ版なし、右の写真は両サイドにレフ版を置いています。

トップ光

一番オーソドックスなライティングです。上にハイライト、下にシャドウが入り、自然な影を演出できます。

斜光

被写体向かって右手前から光を当てています。左の写真はレフ版なし、右の写真は左側と右奥にレフ版を置いています。

斜光

立体感を表現しやすいライティングです。但し、光源側(今回は右側)の立体感が損なわれやすいので注意が必要です。

サイド光

被写体向かって左から光を当てています。左の写真はレフ版なし、右の写真は右側と右奥にレフ版を置いています。

サイド光

立体感が強調されるライティングです。髪の毛の様な小さな凹凸に横からハイライト(逆側にシャドウ)が入りメリハリのある描写になります。

半逆光

被写体向かって左奥から光を当てています。左の写真はレフ版なし、右の写真は手前両サイドにレフ版を置いています。

半逆光

質感と立体感が強調されるライティングです。エッジにハイライトが入り透明感が出ます。

逆光

被写体の真後ろから光を当てています。左の写真はレフ版なし、右の写真は手前両サイドにレフ版を置いています。

逆光

輪郭が強調されるライティングです。レンズに向かって光が当たるため、被写体(正面)が暗くなりやすいので注意が必要です。

最後に

ライティングの技術は、いくら説明されてもすぐに身に付くことはありません(そもそも正解がない)。

どこを強調させたいのかによって、光の当て方も変わってきます。組み合わせて使うこともあります。

また、照明の角度と被写体までの距離、ディフューザーの位置、レフ版の位置と角度等、ちょっとしたことでもハイライトとシャドーの位置、強弱まで変わってきます。こればかりは、自分のイメージした写真が撮れるまで試行錯誤するしかありません。

フィギュアを撮影されている方はたくさんいます。自分の撮影した写真と比較してみるのも上達への近道になるはずです。