ライティングの重要性

scofield
フィギュア撮影において、「ライティング(照明の当て方)」は最も重要な要素の一つです。

どんなに高いカメラを使っても、ライティングが悪ければ被写体をイメージ通り(かわいく・かっこよく)撮ることはできません。いくらレタッチしても、補正できる範囲には限界があります。

全てはライティングありき、ライティング一つで被写体のイメージはがらっと変わります。

自分のイメージした写真が撮れない時は、照明を複数使うこともあります。但し、照明を増やすとそれだけライティングも複雑で難しくなります。単純に明るくしたいだけなら、照明1つにディフューザーとレフ版で十分です。

光の方向と効果

トップ光 真上から当たる光。
被写体の立体感や奥行、自然な影を演出するのに最適です。メイン光源として使っている方も多く、レフ版を両サイドに置けば、1灯でも光を被写体全体に回すことができます。
順光 正面から当たる光。
色や形状をはっきりと描写するのに最適です。但し、立体感が損なわれます。メイン光源として使うことはほとんどありません。
斜光 斜め前方から当たる光。
立体感を表現するのに最適です。トップ光よりも立体感を強調することができます。メイン光源として使っている方も多く、光源と反対側にレフ版を置けば、1灯でも光を被写体全体に回すことができます。
サイド光 横方向から当たる光。
立体感を強調するのに最適です。被写体にもよりますが、レフ版だけでは上手く光を被写体全体に回すことができないので、他の光源と組み合わせて使うことが多いです。
半逆光 斜め後ろから当たる光。
質感や立体感を出すのに最適です。また、エッジにハイライトが入るので被写体に透明感が出ます。サイド光同様、他の光源と組み合わせて使うことが多いです。
逆光 背後から当たる光。
被写体の輪郭を強調するのに最適です。但し、背景を白く飛ばす以外で使うことはほとんどありません。

今回は失敗例も含めて、ライティングによる「写り方の違い」を見てみます。

フラッシュを使って撮影

フラッシュ

カメラのフラッシュ(順光)を使って撮影しました。

順光のきつい光は、色や形状の描写には向いていますが、ハイライトとシャドーの演出が乏しく、単調でのっぺりした写真に仕上がります。また、後ろには不自然なきつい影ができます。基本的にフィギュア撮影でフラッシュを使うことはありません。

部屋の照明だけで撮影

固い光を当てる

部屋の天井照明(右からの斜光)だけで撮影しました。

照明の光(固い光)を直接当てるときつい影ができます。また、レフ版を使っていないので全体的に左側が暗くなっています。意図的な演出効果を狙っている場合を除いて、フィギュア撮影で照明の光を直接当てることはありません。

部屋の照明にディフューザーとレフ版を使って撮影

ディフューザーとレフ版

先ほどと全く同じ部屋の天井照明(右からの斜光)に、ディフューザーレフ版を使って撮影しました。

ディフューザーで光がやわらくなり、きつかった影がなくなっています。また、レフ版を使ったことで暗かった左側が明るくなっています。照明の位置や角度が同じでも、ディフューザーやレフ版を使うだけで、ここまで写真のイメージは変わります。

照明を自分で配置して撮影

照明を自分で配置して撮影

部屋の照明を消して、半逆光+サイド光+順光の3灯で撮影しました。

半逆光のハイライトがアクセントになって、透明感と立体感が出ていると思います。レビューサイトではきつい影やハイライトはあまり好まれませんが、個人的にはこういった多少インパクトのある写真が好みです。

あまり参考にならないかもしれませんが、最初に顔周りの立体感が一番強調される位置にメイン光源を置き(基本は半逆光及びサイド光)、次に補助光とレフ版を使って全体を明るくするのが僕のライティングパターンです。

最後に

ライティングの技術は、いくら説明されてもすぐに身に付くことはありません(そもそも正解がない)。

照明の角度と被写体までの距離、ディフューザーの位置、レフ版の位置と角度等、ちょっとしたことでもハイライトとシャドーの位置、強弱まで変わってきます。こればかりは、自分のイメージした写真が撮れるまで試行錯誤するしかありません。

フィギュアを撮影されている方はたくさんいます。自分の撮影した写真と比較してみるのも上達への近道になるはずです。