電球の色温度を統一しないと正しいホワイトバランスを取得できない

scofield
照明を複数使って撮影する場合、「電球の色温度を統一する」のは基本です。

色温度の異なる電球を混ぜると、正しいホワイトバランスを取得できなくなるからです。特別な演出効果を狙っている場合を除いて、電球の色温度は必ず統一して下さい。

フィギュア撮影では、色温度5000K(昼白色)の電球を使用するのが一般的です。

色温度の見た目は、低いほど赤味が増し、高いほど青味が増します。一番扱いやすいのは、昼間の太陽光5500Kに近い昼白色の電球です。

同じ色温度の電球で撮影

昼白色の同じ電球を使用して、両サイドから均等に光を当てて撮影しました。

電球の色温度を統一

左右綺麗にホワイトバランスが取れています。

異なる色温度の電球で撮影

左から6700Kの昼光色、右から5000Kの昼白色を使用して、両サイドから均等に光を当てて撮影しました。

電球の色温度が異なる

左側が青く、右側が赤く(黄色く)写っているのが分かります(色温度の高い方は青く、色温度の低い方は赤く写っている)。

色温度の異なる電球を混ぜると、グレーカードを使っても正しいホワイトバランスを取得することができません。

最後に

正しいホワイトバランを取得したい時は、必ず電球の色温度を統一させて下さい。

また、電球は色温度だけでなく、メーカーやシリーズによって「演色評価数(Ra)」が異なります。そこまで拘る必要はありませんが、できるだけ同じメーカーで同じシリーズの電球を使った方が安定します。