レフ版の効果と使い方

scofield
レフ版は、「光を反射させ被写体の影を明るくする」ために使います。

光を反射する素材ならどんなものでもレフ版として使うことができますが、あくまでメイン光源がある状態で、その光源に対しての補助光的な役割を担うものです。光源の反対側に置いて使うのが一般的です。

光源が1つしかない様な撮影環境では、必須の撮影道具です。

フィギュア撮影では白レフを使うのが一般的ですが、黒レフを使うことで逆に影をきつくすることもできます。また、白レフで明るさが足りない時は、鏡や銀レフ(アルミホイルをくしゃくしゃにして段ボール等に貼り付ける)を使うことで、影をより明るくすることができます。

僕は「デコパネ(紙貼白)」を使っていますが、段ボールにコピー用紙を貼り付けて代用することもできます。

撮影環境(レフ版)

レフ版なし

トップ光を使っているので下に影ができます。

レフ版あり

照明の位置や数が同じでも、レフ版を使うだけここまで影を明るくすることができます。

最後に

レフ版なしとありの比較

レフ版の効果は、被写体との距離や角度でも変化します。当然被写体に近づければ効果は増します。

但し、影を明るくしすぎると立体感が損なわれてしまうので、明暗のバランスを見極めることも大切です。