ISO感度の決め方!基本はカメラの最小値

scofield
フィギュア撮影におけるISO感度は、「露出(明るさ)の調整」に使います。

と言っても、ISO感度は一番小さな値で固定するのが一般的です。ISO感度を上げれば明るくなりますが、その分ノイズ(ざらつき)が発生するからです。また、三脚を使って静止した被写体を撮影するフィギュア撮影では、シャッタースピードを速くする必要がありません。露出の調整はシャッタースピードで行います。

本来ISO感度は、動いている物や暗い場所で撮影する際、シャッタースピードを速くして「被写体ブレ」及び「手ブレ」を防ぐために調整します。

ISO感度の詳しい説明は、デジタル一眼レフカメラの基礎知識 – ISO感度を参考にして下さい。

小さくする 大きくする
ISO感度
  • 暗くなる
  • ノイズを軽減できる
  • 明るくなる
  • ノイズが発生する

絞り優先オートでF値を「8.0」に固定し、ISO感度を変更して撮影してみます。

ISO感度100

ISO感度 100 F値 8.0 SS 1.0秒
ISO感度100

ISO感度500

ISO感度 500 F値 8.0 SS 1/5秒
ISO感度500

ISO感度1000

ISO感度 1000 F値 8.0 SS 1/10秒
ISO感度1000

ISO感度5000

ISO感度 5000 F値 8.0 SS 1/50秒
ISO感度5000

ISO感度10000

ISO感度 10000 F値 8.0 SS 1/100秒
ISO感度10000

ISO100とISO10000を比較

ISO感度は上げれば、シャッタスピードを速くできますが、その分ノイズが発生します。

ISO100とISO10000の比較

最後に

カメラの性能にも左右されますが、僕の撮影環境ではISO感度1000を超えると、ブログサイズに調整してもノイズが目立ちます。また、等倍表示にするとISO感度500でもノイズが発生しているのが分かります。特に理由がなければ、ISO感度はカメラの最小値にして撮影して下さい。