画質モード(保存形式)の決め方

scofield
画質モードでは、「撮影したファイルの保存形式とJPEGで保存した際の画質」を選択できます。

現像ソフトを使って自分でRAW現像(レタッチ)する場合は「RAW」で保存しますが、RAW現像しない場合でも「JPEG」と一緒に「RAW」を保存しておくことをお勧めします。

簡単に説明すると、「撮影→現像書き出し」のうち、現像と書き出し作業をカメラまかせにするのがJPEG保存、現像と書き出し作業を自分で行うのがRAW保存です。JPEGは完成されたファイル、RAWは現像して書き出すことによって完成するファイルです。

RAW及びJPEGで保存するメリット・デメリット

難しい知識は置いておいて、「RAWは編集耐性がある(劣化しにくい)」と覚えておいて下さい。

メリット デメリット
RAW
  • 明るさやホワイトバランスを調整しても劣化しにくい
  • 撮影後に自分好みの調整ができる
  • ファイルサイズが大きい(20MB前後)
  • 現像(レタッチ)する手間がかかる
JPEG
  • ファイルサイズが小さい
  • すぐにWEB上にアップできる(現像する手間が省ける)
  • 編集・再保存すればするほど劣化する
  • 正確な(細かい)調整ができない

RAWは階調が12-14bit、JPEGは8bit、保存できる情報量が異なりますが、一般的なパソコンモニターは8bitまでしか表示できません。ですから、RAWとJPEGに画質の差は(ほとんど)ありません。RAWはbit数が多い分だけ、編集しても劣化しにくいだけです。

ただ、撮影後にほぼ劣化を伴わず「明るさ」「ホワイトバランス」「コントラスト」「ピクチャーコントロール」を調整できるのは最大のメリットでもあります。手間をかけてでも、自分好みの写真に仕上げたいなら必ずRAWファイルで保存して下さい。

JPEGは手軽に扱えますが、編集には向いてない上、WEB上にアップするにはサイズが大きすぎるため、サイズ調整が必要です。

JPEGとRAWの比較

JPEGとRAWの比較
ISO感度 100
F値 11
シャッタースピード 1/3秒
ピクチャーコントロール カメラスタンダード
ホワイトバランス プリセットマニュアル
画質モード RAW+JPEG(FINE)

左はJPEG保存したファイルをトリミングしてサイズ変更したもの。右はRAW保存したファイルをレタッチしてJPEGで書き出したものです。

撮影時にいくらカメラの設定を調整しても、JPEG保存では自分のイメージ通りに仕上がるとは限りません。ですが、RAWなら撮影後に自分好みの調整が可能です。正直、自己満足の部分もありますが、撮影後に調整(レタッチ)を行うならRAW保存です。

レタッチについては下記記事を参考にして下さい。

Lightroomとは?

2016.11.24

JPEGとRAWの比較(撮影後にホワイトバランスを調整)

ホワイトバランスの設定を間違えて撮影した場合を比較してみます。

ホワイトバランスの設定ミス

同じ環境でグレーカードを撮影し、撮影後にLightroomを使ってホワイトバランスを調整しました。

ホワイトバランスの調整比較

JPEGはかなりずれていますが、RAWは完璧にホワイトバランスを調整できています。

JPEGは撮影後にホワイトバランスを正確に調整することはできません。ですが、RAWはグレーカードを一緒に撮影しておけば、撮影後にホワイトバランスを正確に調整することができます(撮影時の影響を受けないのでホワイトバランスの設定は「オート」で問題ありません)。

JPEGとRAWの比較(撮影後に露出を調整)

シャッタスピードを速くしすぎて撮影した場合を比較してみます。

シャッタースピードの設定ミス

露光量を上げて適正露出になる様調整しました。

露出の調整比較

露光量しか調整していないのですが、JPEGはコントラストがきつくなって色味も変わっています。ですが、RAWは適正露出で撮影された写真にかなり近い仕上がりになっています(全く同じに戻せる訳ではありません)。

最後に

JPEGは撮影時の設定が重要で、基本的に撮影後に編集するものではありません。また、いくら撮影時にカメラの設定を調整しても、自分好みの仕上がりになるとは限りません。設定ミスで失敗した写真を復元することも難しく、調整すればする程劣化を伴います。

その点、RAWは撮影後の調整を得意としています。ある程度の設定ミスなら簡単に復元できます。

JPEGだったら復元できずに失敗した写真でも、RAWなら復元して使える写真にすることもできる訳です。ですから、RAWで保存できるカメラを使っているのであれば、必ずRAWで保存することをお勧めします。