撮影モードの決め方!基本は絞り優先オート及びマニュアル

scofield
撮影モードでは、「ISO感度」「絞り値」「シャッタースピード」の決め方を設定することができます。

フィギュア撮影では、「絞り優先オート」及び「マニュアル」を選択するのが基本ですが、各モードの特徴を知り、「ISO感度」「絞り値」「シャッタースピード」の特性を理解することが大切です。

露出(写真の明るさ)は、ISO感度絞り値シャッタースピードの3つの値で決まります。

また、ISO感度はノイズの発生、絞り値は被写界深度(ピントの合う範囲)、シャッタースピードは動いている被写体の写り方に影響を及ぼします。

撮影モードの特徴

撮影モードの特徴

ISO感度は、どのモードでも撮影者が任意に決定することができます。絞り値とシャッタースピードは、撮影モードによって「撮影者が任意に決定(固定)できる値」と「カメラが自動で決定する値」に分かれます。撮影者が全て任意に決定できるのはマニュアルだけです。

ISO感度 絞り値 シャッタースピード
プログラムオート 撮影者が決定 カメラが決定 カメラが決定
シャッター優先オート 撮影者が決定 カメラが決定 撮影者が決定
絞り優先オート 撮影者が決定 撮影者が決定 カメラが決定
マニュアル 撮影者が決定 撮影者が決定 撮影者が決定

ISO感度・絞り値・シャッタースピードの特性と露出の関係

ISO感度・絞り値・シャッタースピードの特性と露出の関係

露出(写真の明るさ)は、「ISO感度」「絞り値」「シャッタースピード」の3つの値で決まり、どれか1つを変更すれば、必ず露出が変化します。

例えば、絞り値を大きくすると、ピントの合う範囲は広くなりますが、暗くなります。同じ露出を維持するには、ISO感度を上げる及びシャッタースピードを遅くしなければいけません。これら3つの値は、露出を決める際に切っても切れない関係になっています。

小さくする 大きくする
ISO感度
  • 暗くなる
  • ノイズを軽減できる
  • 明るくなる
  • ノイズが発生する
絞り値
  • 明るくなる
  • ピントの合う範囲が狭くなる
  • 暗くなる
  • ピントの合う範囲が広くなる
シャッタースピード
  • 暗くなる
  • 手ぶれ被写体ブレを防ぐことができる
  • 明るくなる
  • 被写体の動きを表現することができる

※絞り値を小さくする=開く、シャッタースピードを小さくする=速くする

フィギュア撮影では「絞り優先オート」及び「マニュアル」モードを選択する理由

フィギュア撮影で「絞り優先オート」及び「マニュアル」モードを選択する

静止した被写体を撮影するフィギュア撮影では、シャッタースピードの特性「動いている被写体の写り方」は表現に影響を及ぼしません。シャッタースピードは露出に影響するだけなので、極端に遅くしない限り自由に変更できます。また、ノイズを発生させてまでISO感度を大きくする必要がありません。ですが、絞り値の特性「被写界深度(ピントの合う範囲)」は、表現に大きく影響を及ぼすだけでなく、撮影後に調整ができません。

つまり、一番優先するべき値はピントの合う範囲を決める絞り値、後はノイズの発生を抑えるためにISO感度は最小値、露出はシャッタースピードで調整します。必然的に、フィギュア撮影では絞り値を任意に設定できる「絞り優先オート」及び「マニュアル」モードを選択することになります。

基本は「絞り優先オート」で問題ありませんが、8方向写真等、露出を統一させたい時には「マニュアル」が便利です。

最後に

大事なのは、「ISO感度」「絞り値」「シャッタースピード」の特性と露出への影響を理解することです。

後は、どの特性を優先(固定)したいかによって撮影モードを選択するだけです。